たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

オホーツク網走マラソン②

今日のラン。

ランオフ。まだ走れません。

 

筋肉痛はかなり解消してきました。

階段もスムーズに降りれるし。

ぼちぼち再開したいところ。

 

***

 

スマホ、持って走るかギリギリまで迷ってました。

でも、どうしてもギリギリまで連絡を待ちたいことがあって、

預ける荷物にスマホを入れませんでした。

 

携行決定。

 

まあ、せっかくの防水ですしね。

iPhone5sのままだったら預けてましたが。

 

なのでスタート直前の写真も。

f:id:bambooshoot07:20160927212111j:plain

 

スタートゲートの直前、

農大生の応援がありました。

f:id:bambooshoot07:20160927212240j:plain

チアの女の子、ゴールも待ってました。

…6時間もこの格好かあ。暑いくらいの陽気で良かった。

 

この後スタートゲートを過ぎ、

橋を渡って国道に出てからが本格的なレーススタート。

(橋渡るまで追い越し禁止だったような)

 

***

 

国道に出ると、そこはさすがに参加者2,000人、

道マラの時のような混雑はなく、

自分のペースですぐに走れるようになります。

早いペースの人につられそうになるのをこらえて、

5:50/km前後をめどにゆっくり目に走ります。

体の感じは悪くない。

先日激しく攣った左足のふくらはぎも大丈夫。

暑さも気にならない程度。

 

これなら大丈夫。

 

この辺は順調でした。

せっかく持ってきたんだしと、

写真を撮る余裕も。

 

街を抜けて海岸線に出たら、農大生なのか野菜のコスプレ。

f:id:bambooshoot07:20160927213836j:plain

 

能取岬への上り坂が始まるのが7kmくらいから。

そこまではこのペースでと思ってました。

でも少しだけ上げて坂に備えても良いかなと、

この辺から若干ペースが上がり出しました。

 

そして能取岬への坂。

去年はスタート直後、駅前で追いつかれたワイナイナに、

ここで捕まりました。

f:id:bambooshoot07:20160927214214j:plain

この女性がしばらくワイナイナを捕まえてたので、

この後また肩ぽんぽんされました。

それにしてもこの上り坂を、

平地のように走り去ったワイナイナ

同じ人類とはちょっと…

 

5km以上もの間、登ったり降りたりを繰り返して、

ついに能取岬へ!

f:id:bambooshoot07:20160927214601j:plain

f:id:bambooshoot07:20160927214717j:plain

綺麗な青空。

でも…写真を撮ってたのここまで。

 

やっぱり余裕なかったんだなと、

こんなことからもわかる。

能取岬には最初のエイドがあり、

そこで牛乳といも団子をいただきました。

 

そしてこの15kmまでの記録を振り返ると、

8kmくらいからペースが5:40/kmを切ってる。

ペースを上げ始めるの早い。

 

なるほど、この辺からきな臭いな。

 

能取岬を出て下りの道が始まります。

でも下りの割には体が思うように進まない。

ちょうど同じくらいのペースで走る、

多分韓国からみえた夫婦?カップル?がいて、

彼らをペーサーに進むのですが、

次第に脚が重苦しくなってきます。

 

まだ25kmにもなってないのに?

 

給水のたびに抜いたり抜かれたりしながら、

数kmの間、彼らと同行。

しかしだんだんとついていけなくなり…

早い段階で一度ペースを落とせば良かったかも。

疲労と思う前に少し休ませれば、

その後の展開が変わってたかもしれません。

 

とにかくここから辛い後半に入ります。