たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

天気予報と納期の回答の相似

日曜日。

今日のラン。ランオフ。

 

 ローテならロング走です。が、天気予報が夜中からずっと雨。夏場なら鵜呑みにしないでとりあえず起きてみたけど、今はそんなにモチベーション高くないし、何より疲れてるのか(それならゆっくり寝てたいな)と思いました。ごく素直に。久しぶりのガチユル走の疲れもあるのでしょうが、何より仕事の疲れがきつい感じ。

 

 最近の天気予報ってほんとに当たらない気がします。今回は台風の動きによって天気がどうなるかわからないってのはわかる。けれどそれにしても精度が低い気がする。というか、どうもより悪いことを言っておけばいいって感じがします。雨が降ると言って降らない場合より、降らないって言って降った場合の方がクレームが多そう。だから実際降らないだろうなあと思っても、とりあえず雨マーク付けとけみたいな。

 

 似たようなことが流通でも見られます。納期の確認をすると、◯日になりますって言われるのに、実際にはその2日も前に届いたり。見積もりの時には2週間って言ったくせに発注すると1週間で届いたり。これも多分、遅れた時のクレームが”うるさい”からではないかと思います。自分も大抵1〜2日は余計に言いますし。先方が急ぐといえば、いついつ出荷でこれくらいで着くと思うけど、「保証はできません」って言います。

 

 本来なら3日でいつもなら届くと分かっていれば、素直に3日で来るよと答えればいいと思います。トラックが事故ったりすることもあるのだから少し前後したって当たり前だと思うし、そこまで責任負えませんし。なのに遅れると、この世の終わりとばかりに文句を言う人が増えてる。そんな言われようするくらいなら、間違いなく届く日数を伝えた方がまし。

 

 …いかん天気予報のことで変な方向に熱くなった。

 

***

 

 今日は嫁さんのお母さんの実家の農家に、大根や白菜、キャベツをもらいに行きました。漬物用です。天気は朝のうちは雨。網走に向かっている間も雨でしたが、到着して畑に入る頃には止みました。助かる。でも畑は少しドロドロしていて例年よりも大変でした。

 

 大根とかは親戚向けで、市場には出荷しません。なので農薬などもかなり少なめ。もらってきてからしばらくは鍋が美味しい。白菜がいいから。キャベツも千切りとか美味しい。ただ今年は残念なことに大菜がありませんでした。今しか食べられない大菜の漬物が今年は…残念。

 

 職業としてはビート、ジャガイモ、小麦を作っています。この三作は網走管内の主要作物。網走あたりは今年は3つともあまり出来がよくなかったそうです。残ってるのは長芋だけで、こちらは掘ってみないと良いかどうかわからない。ただ、台風で水没した去年よりは良いだろうとのこと。天候次第の仕事なので大変だなあと思います。

 

 予報が外れて走れなかった!なんて小さな不満だわ。

 

 

ガチユル走でさぼりがバレる

土曜日。

今日のラン。朝ラン:ガチユル走。

12.15km - 1:19:06 - 6:30/km - 166spm - 0.92m

ガチ1本目 4:21/km(188spm - 1.23m)

ガチ2本目 4:24/km(188spm - 1.21m)

 

 3週間ぶりのガチユル走。ハーフの前にガチユルやった日に、しばらく土曜日はこれでと思ってました。しかしその後ハーフに備えてランオフしたり、ハーフの後で右ハムストリングが痛んだりで走れませんでした。久しぶりにやってみましたが、前回より少し遅くなってしまいました。

 

 ピッチは同じでした。ストライドが少し短かっただけ。それが5〜10秒ほどの差になりました。まだハムの痛みの再発が怖くて、少し縮こまった走りになったのかも。そのくせ呼吸は前回より苦しかった。9月以降、スピ練が大幅に減ったのが現れてます。BU走がないのが特に。まあレースはずっと先までないので、今はフォームの定着に集中しようかな。

 

***

 

 そのフォームのことで。先日上げた着地に関するエントリーの際に頂いたコメントで教えてもらった「ゼロベースランニング」を昨日買ってきました。早速8割方読みましたが、前半部分で今自分が行ってる・狙ってることがとりあえず間違ってないかなと思えました。正しいかどうかはともかく、同じようなことを推める方がいると安心はできます。

 

 ただ読み進むとやはり、これは?とか、ん?とか思う場所もありました。難しいなとかよくわからないなと思うこともあります。これは他の方の本やネットでの情報でもよくあること。結局は自分に合うものを選んで試して、その上で練習を重ねるしかありませんね。雪で歩道が埋まるまでに形を見つけたいと思います。

 

 実はまだいろいろと悩んでるんです。

 

遊びだからこそ真剣遊ぼう

木曜日。

今日のラン。朝ラン:ジョグ。

8.23km - 54:27 - 6:37/km - 170spm - 0.89m

 

 夜ソフトバレーがあるし、今日で5日連続ランになることもあって今日のコースは8kmの軽い起伏付きコース。先日故障したのはこのコースを走ってた時なので、少しトラウマっぽい抵抗感はありましたが。起伏がある分短くても満足感が高いので、そんなトラウマは意識的に追い出してこのコースを走りました。

 

 今日は少しだけペースを上げて走ってみました。右ハムは…特に支障なし。上がり前の200mの流しも今日はやりましたが、ここでもとりあえず問題なし。キロ5で20kmとか走るとどうかはわかりませんが、ランニングでの動きならば問題なそう。

 

 そんなわけで夜は普通にソフトバレーに。

 

***

 

 今日のバレーは男性が3人しかいませんでした。女性は8人以上もいるのに。

 

 春に、元のメンバーの娘さんとその友達が練習に来るようになりました。現代人っぽい発言や行動が、今のメンバーには抵抗感マックスな感じ。来月少し早いけれどもう年会を予定していますが、彼女らは呼びません。

 

 女性の集団て怖い。

 

 割と早く来る方なのですが、今日は大幅に遅れてやってきました。入ってきたその瞬間のあの微妙な空気感…いやまあ自分も嫌だなとは思いましたけどね。今日はいつに増して空気が変わりました。本人たちにも伝わったかな。

 

 二人組です。片方はバレー部上がり。プレーは上手い。男子不足もあって女性役の方はやったことがありませんが、たぶんそれもかなりいいプレーができると思ってます。ただ…いやもう、ほんとにひたすら口が悪いんです。もう片方はバレーは経験ないわけではなさそうですが、あまりセンスを感じられません。

 

 元からのメンバーにとっては男子やってる女子のその言動が不満の種になっています。わかります。確かに口はよろしくない。表面上仲良くやってるので大丈夫かと思ってましたが、忘年会の件でいろいろ聞くとみんなが嫌がってることがわかりました。嫌なのはわかる。わかるけどね。

 

 自分もあの口調は好きではありません。が。そっちの方は実はあまり気にしてなくて、もう片方のが気に障っています。バレーってボールが落ちるまでは続く競技なんです。レシーブやトスをミスったとしても、ボールがデッドにならない限りはプレー中です。誰かが繋げてれば終わってません。なのにその子は自分がミスった瞬間に「嫌だー」とか叫んで止まってしまうんです。

 

 ボールが浮いてる内は終わってない。そのミスはまだミスじゃない。だからその、終わりだと言わんばかりの発声がすごく嫌。しかもどことなく自分悪くない感や責任放棄な感じがすごく嫌。誰かが繋ぐかもしれないのだから、ボールがデッドになるまでは必死で繋げよ!って思ってます。プレーが止まってから反省すればいいし、でも実際は誰も責めやしない。真剣に追ってさえいれば。なのにミスった瞬間にプレーを止める。まだみんなが繋げてるのに!

 

 ランニングに夢中になってても、こういうとこでバレー熱冷めてないと思います。

 

 

ペースを上げても違和感なし

水曜日。

今日のラン。朝ラン:ジョグ。

12.52km - 1:17:31 - 6:11/km - 171spm - 0.94m

 

 ローテならBU走ですが、まだキロ5を切って走るのは不安なので回避。その代わり平坦なコースを使って、5kmくらいピッチ180で走ろうと思いました。4km普段のジョグでアップして、それからピッチを徐々に上げていきます。

 6:26/km(172spm) - 5:54(177) - 5:44(179) - 5:20(182) - 5:13(182)

いっぺんに上げなくてもいいとは思ったけど、180に乗せるのに3kmもかかるとは。

 

 ピッチを180に上げてもストライドは自然な長さかやや抑えめで走りました。後半のピッチ182でペースが5:20/kmというのは、心肺的にはまったく問題ありません。雪が積もるまでのペース走はこのペースがいいかな。ゆくゆくはこのペースが疲労回復ジョグに…なるのはいつのことやら。

 

 不安だった右足はこのペースで走っても違和感も出ることなく済みました。ほぼ治ったかな?ラン後の整理体操で前屈した時にはまだ抵抗感があったので完全ではなさそうですが、それをいうと右足は太ももが数年前から肉離れの後遺症があったりで、この年で無傷なんてありえないってことですね。この程度で済んでるのだからよしとして、無理をしないでゆっくり付き合いましょう。

 

***

 

 新車が来て約2週間、納車後すぐに満タンにした燃料が半分ほどになりました。それまでの走行距離が300km。前の車でこれだけ走るとぼちぼちエンプティランプが点灯してます。しかしまだ半分。燃料タンクの容量はどちらも同じ36Lですがね。ほぼ倍走るってことになるのかな?まだこれからのメーターの減り方次第ですが。

 

 エヴリィワゴンがこのくらいの燃費だったなら、なあ。

 

謎の痛みからV字回復

火曜日。

今日のラン。朝ラン:ジョグ。

9.71km - 1:09:29 - 7:09/km - 165spm - 0.85m

 

 今朝は起きた時から右足の違和感があまりありませんでした。もちろん痛みもありません。それでも慎重を期してキロ7ペース。今日は10km近い起伏の少なくないコースを走りました。上りも下りも脚は問題なし。ほんとに若干の不快感があるかな?くらいでした。

 

 先月からジョグはキロ7で行っています。去年ならこのペースは気持ち悪くて走れませんでした。先月はそんな感じはなく、キロ6と同じようなフォームで走れるようにはなってました。それでもなんか落ち着かない気分で走ってましたが。今朝はこれはこれで気持ちよく走れるなと思いました。キロ7に慣れた?逆に今はキロ6で走る方が難しい気もします。

 

 ラストの200m、いつも流しを入れるところを今日は少しだけペースアップ。脚の様子をうかがいますが、やはり異常は感じません。ただ、やっぱりちょっと怖い。まだポイント練習は入れられそうにはありません。ただ試しに5kmくらい、閾値に近いペースで走ってみたいなとは思います。そのくらいには回復しました。思ったより早い、まさにV字回復!

 

 昨日はまだ気温は氷点下ではないし〜と書きましたが、今朝はぎりぎり氷点下になったようです。薄手の手袋ではかじかんできつかった。午前いっぱいまで霜焼けの感じで指先が痛かったです。いよいよかあ。また厚着で走る季節が近づいて来ています。

 

 今年の冬はどう凌ぐかな。

 

着地が気になってます

月曜日。

今日のラン。朝ラン:ジョグ。

9.00km - 1:04:20 - 7:09/km - 165spm - 0.85m

 

 今日は起伏の少ないコースでジョグ。疲労が怖い。昨日に比べて走り始めこそ強い違和感がありましたが、走るにつれ違和感は収まっていきました。もちろん痛くもない。ただ、ほんと微妙に感じが悪いんですよね。なのでスピードはあげませんでした。

 

 それにしても今朝は寒かった。上はジャージの下は半袖シャツ。腕が後半に入るくらいまで冷たかった。汗の量もぜんぜん少ない。まだ帽子も必要ないし、手袋も薄手のを使ってるくらいだから、寒さはこれからってとこなのですが、今時期の低温は慣れてないのできつい。寒いってもまだ氷点下にはなってないんですけどね。

 

***

 

 9月からフォームを変えて、まだまだ安定しないのであれこれ考えながら走ってます。その中で気になることが。着地。今意識してる着地はフォアフット寄り。以前はフラット着地がいいかと思ってたのですが、ストライドを広げないでピッチを上げるとフォアフットっぽくなりました。

 

 フォアフットを調べると多く出てくるのは、単純に『つま先(というか母子球から小指の付け根のライン)から着地する』ってこと。まあそりゃそうだけど。アキレス腱やふくらはぎに負担がかかるというのもよく見かけます。短距離の感覚で走ればそうでしょう。でも自分の中での感覚とちょっと違うんですよね。

 

 自分も着地はまず母子球あたりからと思ってます。その後踵を突いてその反動で離地する感じがいいかなと思ってます。意識としてはその場での足踏み、動きは階段を登る動きに近いかな。これでガチユルやロング走を試していないので、ふくらはぎへの負担がどうなのかはまだわかりませんが、10km前後なら負担は感じてません。ただこの、踵を突くという点に触れてる記事がないんです。

 

 どんな記事を読もうとも、結局は自分に合うかが問題なのですが、それでもしっくりくる記事に出会えないと不安になります。故障も怖いし、今シーズンの半分が遠回りした記憶も薄れてません。今のところ走った感じは気持ちよく、これがいいのでは?という思いはあります。ちょっといい補足が入ると嬉しいんですよね。

 

 トライ&エラーをしたいので早く足、完治しないかな〜?

 

 

5日ぶりのジョグ!

日曜日。

今日のラン。朝ラン:ジョグ。

12.17km - 1:27:18 - 7:10/km - 165spm - 0.84m

 

 5日ぶりに走りました。まだ痛みは完全にはひいてません。強い違和感があります。でももう走らずにはいられません。仕事中とか時折ゆっくり走ってみてましたが、強く痛んだりもしないのでジョグなら大丈夫かな?と思って出ました。

 

 それでもまだ疲労がきついのか、目覚ましで起きた時もう少し寝てたいなと思いました。脚が治ってないことも無関係ではなさそう。躊躇はしたものの今日走らないと再開できないなと思い、起き上がって支度をしました。服装はもうジャージの上下。半袖短パンは無理。

 

 天気はよかったけれどまだ日が昇ってませんでした。薄暗い中脚の様子を伺いつつ走り始めます。やっぱり強い違和感・軽い痛みがありますが、動きが阻害されるほどではありません。距離は未定でしたがまずは4kmの分岐点まで走ろう。

 

 そこまでは公園内を走ります。公園の木々はすでに紅葉から落葉に変わっているところでした。遊歩道も落ち葉でいっぱい。今年は写真撮れなかったな。脚のことで余裕がなかった。いつもどおり歩幅を抑えてジョグを続けます。脚は走り出しと変わらない。このままなら12kmでも大丈夫そう。舵をそちらに切りそのまま続行しました。

 

 分岐点から先は起伏が激しくなります。上りは気にならないのですが、下りは少し辛かったです。今の走り方になってから下りに少し苦手意識。脚も下りの方が不安。今日は特に。最後の方2kmくらいの下りが心配でしたが、とりあえず無事に走りきれました。最後の200mの流しはさすがに見合わせました。

 

 走り終わって整理体操…は少し厳選。前屈のような動きがきつい。無理すると攣りそう。ほぐすような動きだけにしておきました。その後一日出歩いたりしても、軽い違和感程度で状態は悪くなかったので一安心。しばらくはジョグをしつつ回復を待とうと思います。ポイント練習は流しができるようになってからかな。

 

 除雪以外でこんなに長く走らなかったことがありません。間が空くとやっぱりウズウズします。走りたいなと。体重は遠慮なく増えてくしちょっと焦ってましたが、走れることがわかったので気持ちも落ち着きました。あとはゆるジョグの治癒力(根拠は謎)を信じて回復を待ちます。

 

 その間にフォームもしっかり定着させよう。