たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

汗が不思議

火曜日。曇り、一時雪。寒かった。

今日のラン。朝ラン:ジョグ。

10.34km - 1:06:25 - 6:25/km - 173spm - 0.90m

 

 実際の気温は調べてないけど、ガーミンの記録は-19.4℃。知らないで外に出たのだけれど、確かに寒かった。空気がだいぶ冷たい。

 

 体調がどことなく微妙なこともあり、とにかく温まるまで無理はすまいとゆっくり走ります。3kmくらいまで辛抱。その後徐々に上げていく。この気温でも温まるとちゃんと汗が出る。不思議〜と思いながら普段のペースに。

 

 トータルではちょっと遅めのペースで推移。最後の1kmくらいはサブ4ペースになってたので、とりあえず問題はないかと。…思いたい。もうちょっと早く走るべきなんだとは思うんだけど、この1ヶ月くらいはしんどくて全然ペース上げられないし。ゆっくりでも長くなるとしんどいし。

 

 結構不安。

 

***

 

 まだ調べてないけど、人間ってどうして汗をかくんでしょ?そりゃもちろん体温調整のためというのは分かってます。汗が蒸発するときに肌から熱を奪うことで体温を「下げる」。

 

 「下げる」ということは、体温が上がってるってこと?汗が流れだす時の体温って平熱より高いのか??それもどのくらい?今日の気温で汗をかく必要があるはずない。ないのにそれでも汗が出る。

 

 謎だ。

 

 個人差も不思議。この時期、小学校の体育館はお世辞にも暖かくない。手がかじかむくらいの日もある。それでも自分は背中半分シャツの色が変わるくらい汗が出ます。でも他にそんな汗を流す人はちょっといません。たまに来る同世代の男子(ややぽっちゃり、本人曰くはがっしり)が同じくらい流すかな。

 

 自分自身だけでも差がある。同じ気温の中でプレーしてても、練習と試合では汗の量が全然違ってます。止められないし、減らせない。自分の体ですが自分でも制御は全く出来ません。

 

 不思議だ。

 

 こんなん考えながら走ってると、ジョグも結構退屈しませんよ。