たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

BU走の設定を見直したくなる。

土曜日。

今日のラン。朝ラン:プチBU走。

10.32km - 59:21 - 5:45/km - 172spm - 1.01m

 

 いつもならインターミッテントかガチユル走を入れる土曜日。でも今週はずっと怠くて、それが今日もそのまま。起きることは出来たけど気怠くて仕方ない。とてもインターミッテントみたいな練習を入れる気になれなくて、もう今日はジョグで良いかなと。

 

 そう思って走りだす。で、やっぱりピッチも上がらないし調子は出ない。このままゆったり走ろうかなあと思ったけれど…それもどうなんだ?疲労抜きと思ってる時のジョグならこのまま(6:30/kmペース)でも良いけど、今日がそれで本当に良いのか?もう少しサブ4ペースに慣れておいたほうがよくはないか?

 

 そんな思いになったので、10kmのジョグコースでプチBU走に切り替えました。3km×3段。プチなのは距離ではなくてペース。最初6:30/kmで走ったので、次の3kmを6:00/km、その次の3kmを5:30/kmで走ろうかなと。3段目で5:30/kmってのは相当にプチです。いつもの1段目よりも遅いんだから。

 

 後半は上り坂が多くてしんどい場面もあったのですが、設定ペースが高いわけではないのでそこそこ余裕がありました。ラスト2kmくらいは下りばかりなので気持ちよく流せたし。プチとはいえBU走で楽しく走ることが出来ました。ランニング楽しい。この気持ちは今の自分には結構必要な気分。

 

***

 

 先日ボーナスが出て、そこから臨時小遣いが出ました。今年はそこそこボーナスが出たので、多寡はともかく小遣いは当たるだろう。小遣いが出たらシューズを買おうと思ってました。4月くらいから色々物色してましたし。

 

 ニューバランスasics、ナイキなども試してみようかと思ってました。しかしちょいちょい試着はしてみてもどうもしっくりこない。ここのところadidasばかり履いているのだけど、結局はadidasの型が自分に合うよう。気づけばadizero japan boost3のノーマルとワイドの2拓になってました。

 

 今日も一応ライトレーサーやスピードライバルにも足を通してみましたが、結局はやっぱりジャパンブースト。20分ほど悩んでワイドを選択しました。決定打はカラーでした。だってオレンジ。好きなんですオレンジ。スリムもワイドも気持ち余裕があるかどうかしか違わんし。

 

 多少まともな理由をあげるとすれば、使ってる内にアッパーは締まっていくので新品のうちは余裕があったほうが良いかな?と。ジャパンブーストのアッパーって硬さは全然ないけど、その分フィット感が良いというか素足な感じがして好きですね。かかとのブーストを減らしてくれるとなお良いと思いつつ、そういう作りの匠練は選択しない。ブツブツソールはストレスになるから。寿命は変わらないと思っても目に見えて減るの、心理的に辛くないですか?

 

 去年の今頃、ジャパンブーストが安売りされてるからと2足買いました。その片方が今朝のランで980kmを超えもう限界。1年の時を超えもう片方を降ろしました。そのタイミングでのさらなるジャパンブースト購入。今はエアロバウンスPRと交互に使ってはいますが、この先は基本的にジャパンブーストのみを使うという意思表明。ジョグでもポイント練習でも同じシューズを使いたいなと思っていたので、エアロバウンスがダウンしたらその意向を実現します。ジャパンブーストは4を出すよりカラーバリエーションを変えて3を出し続ける方向になって欲しいな。

 

 って思いつつもシューズ物色は続けるでしょうね。

 

***

 

 やっと届きました。

 f:id:bambooshoot07:20180714214233j:plain

 釧路湿原ラソン。エントリー出来なかったかと心配してました。

 

 釧路には実家があります。もちろん自分もそこで育ちました。小学から高校卒業まで12年間。北見に出てからの方が時間長くなってしまいましたが。去年も出ようと思ったのですが、去年は結婚式と被ってしまいエントリー出来ませんでした。このレースに出ることを理由に高校の同級生に会おうと思ってエントリーしたのですが…同級生が転勤になってしまった。縁がないな。

 

 ま、それはともかく、30kmのレースは初めてで楽しみです。もともと友達のことがなくても道マラ前の30km走としての練習にちょうど良いと思ってました。宿の心配もないし送迎もつくし、なぜ今まで参加しなかったのか謎なくらいだったので。ここのところ練習の出来が悪いので、ここでそれなりの結果を出して弾みをつけたいと思っています。

 

***

 

 釧路湿原ラソンは練習の一環としてもガチですが、まるっきり逆方向で楽しいレースにもエントリーしました。しましたというか当選しました。

 f:id:bambooshoot07:20180714215619j:plain

 町民枠があるから当選するよとの、申込者の弁は正しく実現しまして。

 

 マラソンとはうたってますが、そもそもマラソンが嫌いな人が発案した大会なので、一番走る人でも5km。4人1組で、2km(徒歩)芋・3km人参玉葱・4km肉・5kmルーを集めてカレーを作って食べて楽しむという。富里スイカマラソンよりも緩そうな大会です。ガチで走ってる人にはなんじゃこりゃ?って感じですが、定員200組の大会に今年なら312組が申し込んできました。数年前までは先着順で、サロマウルトラマラソン並みの時間で申し込みが埋まったそうです。知る人ぞ知るってやつ。

 

 普段なら出ることは考えないのですが、バレーメンバーの端野町民が「出ようよ!」というので申し込みました。町民枠があるのかその他の理由があるのか、首尾よく当選しました。ランとしては面白みはありませんが、ランニングイベントとしては多分最上の面白みがあります。

 

 普段走らない人が走るんだよ。

 

 このブログを読んでいただいてる方には、この一言の意味はよくわかってもらえると思います。結果なんかどうでも良い。走ることを楽しんで欲しい。