たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

久々ガチユル走、そして羽生の金メダル

土曜日。

今日のラン。朝ラン:ガチユル走。

12.29km - 1:21:53 - 6:40/km - 169spm - 0.88m

1本目:4:41(188spm - 1.13m)

2本目:4:51(185spm - 1.11m)

 

 約2ヶ月ぶりにガーミンのワークアウトを使ってのガチユル走。足場はまだ悪いし気温もマイナス二桁が続いているので、ガチは無理しないでキロ5をカットするくらいでと思って出ました。それでもここ1ヶ月でこんなに上げて走ってはいません。心肺にも脚にも結構きました。

 

 1本目は体がまだ暖まりきらないうちにスタート。脚はともかく肺がきつかった。あまり吸いたいとは思えない冷気がどこどこ入ってきます。息が切れて、早く終われ早く終われと思いながら走りました。あとで確認すると1本目はだいたい同ペースで走り切れてたけど。

 

 2本目。体は暖まってきてました。でも今度は脚に余裕がありません。走り始めこそ1本目を上回る410くらいになりましたが、今度はだだ滑りしてく展開。途中で車道を渡ることもあって、1本目よりも大幅にタイムが落ちました。

 

 その後のガチは感じよく走れました。この辺がガチユル走の良いところ。疲労物質が即座に抜けてく感じが良いですね。ガチも想定よりは早く走れて、思ったほど走力落ちてないのかも?って思えました。思えただけで実際どうだかは舗装が出ないと分かりませんが。この辺も雪解けの楽しみなのですが…現在猛吹雪になっていて明日は走ることすら叶いません。

 

***

 

 今日は仕事でしたが、ネットでフィギュアの速報を見てました。テキストしか出ないので演技は見れません。でも点数や順位が早く分かるので仕事が手につかなくなるくらい気になってました。そのフィギュアは羽生の66年ぶりの五輪連覇という結果になりました。

 

 11月に右足首に故障。その転倒のシーンは何度も見ました。あの転び方はちょっと厳しい。あれからわずか2ヶ月。復調を伝えられてはいましたし、現地に入ってからの練習を見ても以前のようなジャンプには見えました。しかし今年はほとんど試合に出ていません。氷上での練習もずっとできずにいて、果たして本番で同じように滑れるものなのか?

 

 大丈夫という声は小さくはありませんでしたが、普通であれば正直難しいと思います。うまく行かないケースなら何度も見ました。期待はし過ぎないでおこうと思ってました。でもどのくらいの奇跡を見せるのか?には期待していました。そしてその結果は、普通の人のものではありませんでしたね。技術や体力とかの前に、まずその精神力に驚きました。そして心から素晴らしいと思います。

 

 ちょっと人に見習いなさいとは言えませんね。

 

 怪我をしてギリギリまでリンクに乗らないってのもすごい勇気です。自分のランニングで比較すれば、故障しても少し良くなったくらいで、ジョグなら良いとか、走りながら治すとか言い出して結局長引かせたり、本番で不本意なレースになったりします。良くなるまで我慢するのも勇気。でもそれは簡単に出来そうで出来ないもんなのです。それをこうも見事に実現させる。只者ではないなあ。

 

 羽生に隠れてますが、宇野も素晴らしかったです。日本男子が金銀を同時に取るなんて。自分が子供の頃だったら絶対にありえない。男子フィギュアなんて放送もニュースも出ないレベル。それが…感慨深いです。こんな日が来るとは。

 

 この金メダルでなんとなく盛り上がり切れなかった今大会が少し熱くなりそう。個人的には地元から日本代表として参加してる女子カーリングLS北見に期待してます。今もOARと対戦中。リードをしてます。頑張れ!