読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

白内障

今日のラン。

ランオフ。昨日に引き続き。

 

昨日はスケジュール的にランオフ。

今日は昨日の仕事が宵越しとなったのでランオフ。

起きたら意外と積雪量が多かったので、

たとえ普通に起きてたとしてもランオフだったかな。

 

昨日の仕事が宵越しになったのは、

今日仕事を休むため。

今日は嫁さんの白内障の手術でした。

午後からの手術ですが、

支度や心の準備もあるし、

半端に出社すると仕事に引きずられる恐れもあるので、

朝から休むことにしました。

 

お昼前に病院に入りました。

簡単な問診などを経て控え用の病室へ。

特に着替えの必要はなく、

私服の上に薄い術着のような上着と帽子を着用。

 

その後そこで5分おきくらいになんども点眼。

順番が近づいてきたら点滴を開始。

次第に口数が少なくなる嫁さん。

傍から見ても緊張してるのがわかります。

 

まあ術式を聞いたら緊張しないほうが難しい。

 

他の患者さんの様子から、

手術自体は30分もかからない感じ。

前の人が呼ばれて20分くらい過ぎたところでお呼び出し。

処置室前で順番を待ちます。

そして…

 

ここからは嫁さんから。

まず目の周りに麻酔のようなものをして、

効いてきたところで目に麻酔。

それが効いてきたらメスが入ったそうです。

なんとなく見えるのはここまでだったそうです。

 

事前に受けた説明によると、

眼球に小さな穴を開け、

そこから水晶体の中の濁りを吸い取るそうです。

その後人工の水晶体を入れるとのこと。

濁りを取るあたりで多分見えなくなるのではないでしょうか。

 

ずっと見えてたら怖すぎるとは思いますがね。

 

終わったら眼帯して出てきました。

時間は短くても随分と疲労困憊してる様子。

麻酔が効いてるので痛みは少ないよう。

この後しばらく休んで、

点滴を抜いたり薬の説明を聞いたり。

落ち着いたところで退院(?)。

病院を出たのは3時を過ぎてました。

 

***

 

先生の話では、手術自体はうまくできたと。

特に問題はないのでご安心くださいってことでした。

白内障以外に問題がなければ、

右目の視力は戻るはず。

(強い近視に老眼もきてるので、戻るってもってとこはある)

白内障だと白く膜がかかって見えなくなるそうなので、

それは解消してるはず。

 

眼帯が取れないとわからない。

 

ま、大丈夫でしょうとは思ってます。

 

時間は短いけれど結構細かい手術だと思います。

週に一度、だいたい10人くらい手術をするそうです。

眼科も案外ハードですね。

この病院は評判が良いようで、

外来もいつも混んでるとか。

先生もバイタリティー感強かったもんなあ。

 

針やメスが見えるからと終始ビビってた嫁ですが、

励ます分にはなんともないってって言えますが、

いざ自分がやるとなったら、同じようにビビるだろうなあ。

自分は歯医者だって怖いんだから。

 

その歯医者、明日。

仮歯がどうとか聞いてますが、

さ〜て何をどうされるやら。

 

午前は眼科に付き添いで、

夕方は中抜けして歯医者か。

なかなかハードな予定です。