読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

冬来りなば春遠からじ

今日のラン。

朝ラン。ジョグ。

 

f:id:bambooshoot07:20170111212239p:plain

 

予想気温が-20℃を下回ってましたが、

週末頃から雪マークなので、

寒いとか言ってられません。

走れる時に走らないと。

 

(絶対、うわっほんとに走った!って思われてそう)

 

だいたいいつも通りの服装でしたが、

長袖のアンダーの上に長袖のシャツ。

手袋は薄手の上にいつもの手袋。

ま、大した違いではありません。

 

外に出ると、

さすがにもう凛として気持ちいいとか、

そんな雅びなことを考えてる余裕はありません。

 

ピリッとした空気が顔に痛い。

 

それでも、

たぶん-20℃まで下がってないなとは思いました。

予想は大げさに出すものだし、

ピークは3時頃だと思うし。

実感としてもそこまで寒くない。

普段よりは確実に寒いけど。

 

走り始めれば寒さはさほど気になりません。

汗が出るまでにはいつもより時間がかかりましたが、

それでもちゃんと汗は出ます。

なにより寒さのために、

歩道に積もった雪が固くしまって走りやすい。

 

改めて思いました。

冬場のランニングの敵は気温じゃありません。

路面。

つるつるだったり、

デコボコだったり、

ふかふかだったり。

 

それと朝ランだと視界。

夜明け前なので暗くてよく見えません。

上記のような路面が、です。

 

もしも夏場のような路面が保証されていれば、

暗くてもペースはそんなに落ちないと思います。

ストライドが落ちないから。

 

ただ寒さの影響かなと思うことが一つ。

呼吸が異常に上がるんですよね。

今朝もそうですが、

ここのところのペースはたいてい6:00/km程度。

秋までなら息が弾むこともないペース。

なのに苦しいくらいに息が荒れます。

冷たく乾いた空気を吸うと、

気管支以降が狭くなるらしいです。

 

***

 

オホーツク海には流氷が近づいてきています。

これが網走などに接岸すると、

寒さが一層厳しくなります。

 

冬来りなば春遠からじ

 

この言葉を知らずつぶやく季節になりますね。