たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

カヌレ

今日のラン。

ランオフ。雨のため。

 

予報で明け方雨マークでしたが、

あまり信用していないので目覚ましをかけました。

起きました。

 

…雨。

 

真夏ならこのくらいなら走れると思うような小雨ですが、

気温が多分一桁。

レースじゃないんだから無理しません。

こんななか走れば風邪を引きかねないし。

 

なのでランオフ。

その代わり明日走ろうかと。

 

***

 

今日はソフトバレーの練習日。

巡り合わせが悪く、久しぶりに人数不足。

男、二人だけ。

二人って。。。

 

もう一人ってのが、

例のDNFの確率80%な彼だったのですが、

今日もやはり途中で動きが止まります。

動きも止まると集中も止まる。

ボールデッドになってないのに、後ろ向きに歩き出すとか。

 

若いのになあ。

体力が羨ましい若さなのになあ。

背丈も高くて羨ましい。

 

今、あのくらいの若さや体力があったら、

そりゃあもう、間違いなく、

サブ3を目標に掲げたでしょう。

 

時間もたっぷりあるし。

 

***

 

今、カヌレを探しています。

 

f:id:bambooshoot07:20161006222341j:plain

 

とりあえず1件は見つけてます。

ソフトバレーの元メンバーのケーキ屋にも当たってますが、

まだ返事がありません。

 

見た直後に網走のレポを書き始めてしまったので忘れてましたが、

四月は君の嘘」という映画を先日観てきました。

映画化の話を聞いて、

嫁が原作の漫画を買ってきて、

一家でハマってました。

映画も一家で観てきました。

 

感想は個人のものです。

というCMの前提を採用して感想を書きます。

 

原作をどっぷり読み込んでから映画に行きました。

このパターンは、

ものすごくがっかりすることが多いパターン。

漫画で培ったイメージが、

思いっきり壊されて、ということが少なくありません。

 

しかし…

 

良かった。

 

公生、渡、椿、かをりの4人が、

原作のイメージを壊すことなく描かれてた。

さすがに中学生は無理があるので高校生になってましたが、

そんなの気にならない。

 

原作だと、ライバルや弟子がいて、

もう少し公生に厚みがあってからのラストシーン。

映画では時間的な制約もあるから、

その辺はばっさりカットで、

多分映画しか観てないと物足りないというか、

感情移入しきれないと思う。

でも、

キャストがいい感じなので、

原作を知っていると勝手にその辺加味できる。

 

それなので、

映画しか知らないとなんでもないシーンでも、

軽くうるうるしてしまう。

映画としては失敗かもしれませんね。

 

この作品に限りませんが、

基本的に漫画が先の場合、

映画が漫画を超えることはないと思います。

というか、

先に世に出るものが上だろうな。

たまに映画やゲームが先行で漫画が後な時がありますが、

漫画の方が劣性。

 

創作の素晴らしさ、でしょうかね。

 

それにしても。

原作を知らない状態でこの映画観てみたかったな。

感想がどんな風に変わっただろうか。

原作を知ってると、

ここまでイメージを保たれると、

映画としてだけの感想は持てません。

 

***

 

で、この四月は君の嘘の中で登場するのがカヌレ

死を覚悟している少女が、

命がけで恋してる男の子にねだるお菓子。

 

本当に色んなことがごちゃまぜになってる男の子が、

その原因の女の子に買っていくお菓子がカヌレ

 

食べてみたいと思いませんか??

 

今週末の北見ハーフマラソンの日は、

18回目の結婚記念日。

走るわがままを許されているので、

ぜひこのお菓子を送りたい。

 

でも1軒だけだと味がどうかわかりません。

他の店でも作ってないかなあ?

ネットで見ると結構手間のかかるお菓子だけど、

プロならプロなりのこだわりもあるでしょう。

 

いいプレゼントが出来そうなのは、

何年ぶりかな?