読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけのこRUN日記

アラ50男のラン日記。時には他のスポーツも。

オホーツク網走マラソン④

今日のラン。

朝ラン。ジョグ。今日は本当にジョグ。

 

f:id:bambooshoot07:20160929221834p:plain

 

体も脚もそれほど重いわけではないけど、

今日は抑えてゆっくりとジョグ。

まだまだ疲労は、見えないだけで残ってると思うし。

実際今日は夜、ソフトバレーがありましたが全然飛べません。

反応も悪くて、感じてる以上に疲労が残ってる気がします。

 

***

 

和牛を食べても復活しない脚。

ここを過ぎるとサイクリングロードに入ります。

入ってすぐ登りがあることを、

去年の苦しみから忘れてません。

 

歩く・走る・歩く・走る…

 

攣りそうになるとかじゃないので、

止まってストレッチをしたりはしませんでした。

歩き混じりでいるうちに、

少しは回復するかと期待して進みます。

 

でも。

 

動かない脚。

悲しいというか悔しいというか。

やるせない。

 

前半の貯金(貯金のつもりでペースを作ってませんが)があるので、

去年よりは早くフィニッシュできそうですが、

これはもう、完全に失敗レース。

気合い、めいっっっぱい入れてただけに、残念です。

 

それでもとにかく、

ゴールへ向けて湖畔園地に入ります。

農大生や、スタートの時にいたチアガールが応援してくれます。

変わることなく走れませんが、

それでも笑顔で応えるようにして進みます。

そして、

 

ひまわりを抜けてゴールゲートへ。

 

こんなにも不本意なレースだったのに、

それでもこの最後の直線では、

 

(残念だったけど、でも楽しかったな)

 

そう思って、去年よりも笑ってゴールできたと思います。

 

結果は道マラよりも遅いゴールでした。

何かが足りなかったのでしょう。

調整なのか、運なのか、実力なのか。

振り返っても原因の特定は出来ません。

 

悔しいし残念だけど、

来年に向けて楽しみを残してくれた、

練習継続の火種を残してくれたと取りましょう。

もしもサブ4を達成していたら、

この後の半年近くの雪のシーズンに、

モチベーションを保てないと思いますし。

 

ただね、それでもね、

10月9日の北見ハーフでは、少しでも鬱憤晴らしてやる。

 

このまま終わるほど歳をとってはいないんだぞ。

 

***

 

ゴールゲートすぎたら、

やけにでかい男が手を振ってます。

 

げ、会社の後輩だ。

(この後輩は勢いで北見ハーフにエントリーしましたが、

現状見る限り、知り合いで初のDNFになりそうです。

自分より20歳以上も若いんだけどね。)

 

こいつがいるということは…

やっぱり!そばに後2人いる。

 

特に理由のない円陣を組みました。

f:id:bambooshoot07:20160929225322j:plain

ランナーじゃないからシューズ円陣にはならない。

 

でもね。

いることがわかっていれば、もっと頑張れたかもとも思ったよ!

ちょっと教えておいてくれてれば…

そうはいっても、

走る人でもないあなた達がわざわざ網走に来てくれたこと、

ほんとに嬉しかった。

照れくさいから言ってないけど。

 

***

 

気合い空回りなオホーツク網走マラソンはこうして終わりました。

この後今日に至るまで落ち込み続けてます。

挽回する機会も今年はないし。

 

生涯スポーツでもあるマラソンなので、

案外サブ4を今年達成できなくても良かったかもしれません。

負け惜しみ120%ですが。

サブ3.5とかサブ3とか、素敵すぎる目標は掲げるのが難しい。

しかしもう一度サブ4を目指すのは、すごくちょうどいい。

 

あとこの大会に関しての感想。

コース・エイドとも基本的に去年と同じでしたが、

去年好評だったので当然、今年もやっぱり良かった。

天気が良かったということもあり能取岬は最高だったし、

オホーツク海能取湖を眺めるコース設定はやはり良い。

 

少し残念なのは、

ランナーがゾンビ化してる後半に、

もう少し沿道に応援が入れればいいのにと思います。

国道を封鎖するのが厳しいのはわかりますが、

サイクリングロードより国道が良いです。

それに元気な前半で応援されるよりも、

ゾンビになってから応援される方がいい。

 

とはいえ、

今年は荷物の受け渡しがスムーズになって、

駐車場の混雑の緩和もされていて、

昨年よりも さらに運営が良くなってたと思います。

毎年参加しようと思っているので、

良い大会が続くように、

ランナーとして良い参加者であり続けたいと思います!